「ICT夢コンテスト」が9/30まで実践事例を募集中!→10/9に延長

以前ICTツールボックスでもご紹介した『「教育の情報化」推進フォーラム』の主催、一般社団法人日本教育情報化振興会が、「ICT夢コンテスト」でICT利用に関する実践を募集しています。

ICT夢コンテスト

募集は2015年9月30日まで。応募用紙をダウンロードして記入の上、メールで応募ができます。

学校現場でのICT教育に関する実践はもちろんですが、応募できる対象が実はかなり広いのがポイントです。

学校現場ならば教員だけでなくICT支援員等の立場でもOK。そして、地域やNPO、PTA等の組織、なんと家庭での実践でもいいそうです。個人でも団体でも企業でも。実はとても間口が広いコンテストなんですね。

募集概要

募集要項

ICT利用とひとことでいうとわかりにくいですが、情報伝達やコミュニケーションを助ける技術をなんらかの形で利用していれば対象になると考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

26年度の受賞事例アーカイブが公開されていますので、是非参考にしてみてください。こちら、実践例の読み物としてもとても参考になります。

表彰事例アーカイブ(小学校・幼稚園)

今なんらかの取り組みの中でICTツールを利用しているみなさん、まだ応募期間は十分ありますので、夏休み中にポイントをまとめて応募してみてはいかがでしょうか?

《9/18追記》
募集が9月30日までから10月9日までに延長となりました。ラストスパートで応募はまだ間に合いますので是非検討してみてはいかがでしょうか。

狩野 さやか

株式会社Studio947のデザイナー、ライター。ウェブやアプリのデザインを中心に制作全般を担当。ライターとしては、技術書籍の他、ICT教育やプログラミング教育について執筆している。著書に技術系で「見た目にこだわるJimdo入門」、子育て系で「ふたりは同時に親になる 産後の『ずれ』の処方箋」。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です