小学校の先生が夏休みにプログラミングの勉強!〜「プログラミング教育明日会議」


2017年8月22日、「プログラミング教育明日会議 in 東京」が早稲田大学西早稲田キャンパスで開催されました。夏休みの1日、多くの小学校の先生や学校関係者が参加して、プログラミングの模擬授業が開催されました。

模擬授業の内容や、この催しの意義やポイントがどの辺にあったかなど、詳しくは、狩野がインプレス「Impress Watch – こどもとIT」で記事を書きましたのでぜひご覧ください。

実践的な模擬授業や、具体的な提言も飛び出した、教育関係者向けシンポジウム「プログラミング教育明日会議 in 東京」
http://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/kodomo_it/news/1078918.html

印象的だったのは、企業系のセミナーなどで時々感じる「冷めた感じ」がなかったことです。登壇者の問いかけにはっきり答える、はっきり挙手をする、意見交換は積極的に行う、など、さすが先生が集まっているだけあるという印象を受けました。

プログラミング教育明日会議

多くの先生方がこうしたイベントを通してヒントを得て、はじめの一歩をスタートすることを応援したいと思います!!


狩野 さやか

株式会社Studio947のデザイナー、ライター。ウェブやアプリのデザインを中心に制作全般担当。「ICT toolbox」運営責任として、特に家庭や学校現場でのアイディアや取り組みに注目している。子育て分野では他メディアにコラムを寄稿し、「patomato-ふたりは同時に親になる」を主宰してワークショップ等を行っている。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です